不動産担保ローンは大きな金額を借りやすく金利も低めになる

不動産担保ローンは返済できないと土地や建物を失う

不動産担保ローンと住宅ローンの違い | 不動産担保ローンは返済できないと土地や建物を失う | 不動産担保ローンは審査が通りやすい

したがって、家や土地を失わないためには、きちんと返済をしていかなければなりません。
また、返済が終わった後に抵当権をきちんと抹消しておかないと、悪用される危険もあります。
例えば、借金を返していないといわれて競売が申し立てられることもあり得ます。
したがって、登記に関してもきちんと気を配る必要があるでしょう。
不動産担保ローンは、使途が決まっているものとないものがあります。
住宅ローンの場合は家を購入することが目的で、その支払いのための融資を受ける目的ローンであるのと同じように、事業用としての融資をしているものがありますが、それは事業以外には使えません。
使途が決まっていない自由に使えるものもあります。
こちらは事業に使っても良いですし、それ以外に好きに使っても問題ありません。
教育資金や借り換え、おまとめなど何にでも使えるので使い勝手は良いです。
審査には通りやすくなるので、無担保ローンで断られた方でも利用できる可能性があります。
これは土地や建物を担保としているため、回収不能リスクが低まることが理由です。
担保さえあれば働いていなくても借りられるケースもあります。
第三者が提供する担保でも問題ありません。
本人のものでなくても物上保証として担保を提供してくれる人がいれば、それを基にして融資を受けられます。